介護働き方改革支援 | 株式会社オリーヴ|介護分野に特化した人財支援

介護働き方改革支援

gshien p1

SMILE SHIFT

43

人生を渾かせる4:3の黄金比

「4:3の黄金比を考える。」

週休3日のメリットは様々伝えられていますが、
動務時間とプライベート時間の対比にこそ、その重要な真意があります。

 

これまで当たり前のように取り入れられてきた「週休2日制」の場合、
2日間の休みは疲れを癒やしリセットする事に終始しがちでした
対する4日働き3日間休む「週休3日制」は、休みの3日間を「単なる休暇」から
何かを始めたり、大切な人と過ごす「意味ある休み」に変えます。

 

人生100年時代。働く意味や人生の重要性、価値観は大きく変化しています。
しっかりと所得を得ながら、仕事以外のネットワークや興味、チャレンジの幅を広げる。
勤務時間と自分自身の時間のバランスこそが、最も重要なのです。

 

人生に、新たな学びや発見を。
4:3の黄金比が、個人の可能性を伸ばし、家庭や会社に更なる活力を与え、社会をも変えていく。
週休3日制度導入を、国を挙げて推奨する意味がここにあるのです。

かせる

4:3

オフ
priate
SMILE SHIFT
個人の充実感が意欲を創る

スタッフが疲弊する原因に「お休みがなかなか取れず家族との関係性がギクシャクする」突然のシフト変更で家族に仕事辞めたら?と言われやりがいを見失う」「休日は家事で終わってしまいやりたいことができない」など様々なことがあげられています。週休3日制度導入で大型連休が取れるようになり、年間休日が156日にプライベートの時問を充実させることで心の余裕ができてそのプラスの効果は絶大です。

tai3

スタッフの声

週休3日プライベート面でよかったことは?

  • 今までは旅行は諦めていましたが、大型連休がとれて家族と旅行に行くことができました。
  • 家族との時間が取れるので心に安心感が生まれました。
  • 家族とのコミュニケーションが増えたことで介護という仕事に対して理解し応援してもらえるようになった。
  • 資格獲得や副業などに時間を使えるようになって、充実した人生だなと感じることができる。
  • 労働時間が伸びたが夜動負担も減りしっかり休めるので、慣れれば3日制度の方が身体が楽だと感じます。

施設長やマネージャーの声

週休3日で施設にプラスになったことは?

  • 週休3日はキャッチーで目玉となる採用戦略を立てることができて採用応募が増えました。
  • 休みが取りやすいので、職員の突発的な欠勤や体調不良の欠勤が減っています。
  • 休み明けに職員の笑顔が増えていると実感しています。
  • 当初心配していたが、実は週休2日よりシフトが組みやすくなった。

施設かせる

4:3

オン
work
SMILE SHIFT
現場のシフトが厚くなる

週休3制度導入なんてうちは絶対無理!と最初から諦めないでほしい、不可能ではありません。たしかに準備は大変ですが週休3日制度を導入することで離職率の低下、採用応募の増加、スタッフの心の余裕とケアの向上、スタッフ間のコミュニケーションが増加するなど課題とされてきたことが数多く解決されます。3日しっかりやすんで思いっきり4日働く。そのリズムが多くのよりよい効果を生むのです。

tai3

スタッフの声

しっかり働く4日間、現場の変化は?

  • シフトのかぶりが増えて業務効率が上がりました。コミュニケーションが厚くなったのがうれしいです。
  • お休みをしっかりとれてや心にも余裕ができ、きめ細やかなケアヘとつなげられています。
  • 夜勤が短縮されたので心身の健康が保てるようになりました。
  • 疲れがとれるので、相対的に病欠などの突発の欠勤が減りました。現場にご迷惑をかけないことがうれしいです。
  • 効率もあがり、残菜は確実に減っています。

施設長やマネージャーの声

運営・管理する立場で感じる現場の変化は?

  • 個々が働き方を深く考えるようになったのでスタッフから意欲的な意見がでるようになった。
    主体的な働き方に変わってきています。
  • 幹部とスタッフとの間での会話も増えたため、職員の気持ちが理解できるようになりました。
    しっかり会話できるので、離職率も低下しています。
  • シフトが組みやすく、かぶりも増えたので、スタッフ同士が仲が良くなり社内ムードも明るくなりました。

自由選択制かせる

2OR3

日制度
日制度
SMILE SHIFT
強制では個は動かない

制度導入までの道のりは苦労も多いですが、導入後には満足度がとても高い週休3日制度。しかし、週休2日の方がライフスタイルにマッチするスタッフがいることも事実です。
私たちは様々な働き方を選べるという魅力が介護の現場を変えていくと考えます。
強制導入ではなく選択することでスタッフの働く意欲向上にもつながっていきます。

tai3

週休2日制度

メリット
  • 労働時間が週休3日制度より短い8時間
  • 長年週休2日で働いているため慣れている
  • 休みが少ないが、労働時間が短い
デメリット
  • 度重なるシフト変更や希望のシフトが通りづらく、
    人間関係(家族との関係)がギクシャクする。
  • ひとり勤務の時間が増えるので、
    勤務時間心理的不安が募ってしまう。
  • 丸一日休みが少ないのリフレッシュできない。
  • 連続勤務が増え5連勤などが発生し心身が疲れる。
  • 早朝夕方の人材不足
  • つなぎ残業が増加傾向
  • 職員の心身の健康状態が悪化しやすい!
  • 離職率が高く定着しづらい
  • 管理職、リーダーが育たず組織が脆弱になる
  • 採用の応募が少ない。

週休3日制度

メリット
  • シフトのかぶりが増え、業務効率UP!
  • 職員の休日が増加しプライベートが充実。
  • 仕事への意欲が上がりサービス向上につながった
  • 心に余裕のあるサービス提供で利用者様から喜びが出る。
  • 残業が減る
  • 離職率の減少
  • インパクトある採用戦略が組める
  • 夜勤が短縮され職員の心身の健康が保たれやすい
  • 採用の応募が増える、人材を選んで採用できる。
デメリット
  • 導入まで担当者に負担がかかる。
    ※一定数懐疑的なスタッフがいるため説得に消耗する。
  • 2日を選んだスタッフが3日のスタッフを羨ましく感じてしまうという意見がでる。
    ※全員が3日選択するまではよくでやすい意見。
  • 導入時一日10時間が長いという意見がでやすい。

週休3日制度導入のフロー

導入までの流れ

数字で見よう週休3日制度

ko ill1

ko ill2

ko ill3

導入事例

  • 週休3日制の導入事例

    事業所名(仮名でも可)

    週休3日制の導入事例

    宮城県デイサービス

    介護の正職員16名平均勤続年数は12.4年と定着率がよく、外部評価も常に好成績を維持しています。しかし、勤続年数に比例して職員の高年齢化は避けられない現実です。

  • プロジェクト・サンキュウ

    事業所名(仮名でも可)

    プロジェクト・サンキュウ

    宮城県特別養護老人ホーム

    子育て、介護、体調等でフルシフト勤務が難しい職員に対して、短時間勤務やシフト配慮を目指すと同時に、認知症当事者の就労支援を行いたい。

料金について

オリーヴは経営者の皆様に安心・確実・納得の料金プランをご提示致します

最適なプランをご提示

  • 成果に応じたパッケージ料金
  • 返金制度あり!
  • 月々の分割払いもOK!

雇用関係助成金をご活用下さい

  • キャリアアップ・人財育成助成金
  • 人財の定着を目標とする助成金

など、助成金を有効活用することにより、費用負担が大幅に軽減されます。

お問い合わせはこちら

個別相談無料開催!

お問い合わせ資料請求

Copyright© 株式会社オリーヴAll Rights Reserved. login