企業運営に置いて人材定着率の向上が重要な理由をご紹介いたします。

  • お問い合わせ・資料請求

なぜ人財定着率の向上が重要なのか?

定着率・組織力向上の意義

常勤スタッフが3年以内に退職した場合、企業の損失は1,000万円という試算もある(採用費、教育費、給与等)ある介護分野の統計では、退職率が約16%で、うち入社3年以内の退職者が全退職者の70%以上を占めている
→ 仮に従業員100名の企業が退職率16%で、入社3年以内の退職者が70%の場合(退職数16名×70%×1,000万円)

年間1.1億円+αの損失!

離職率の高い会社の現象
  • ■教育コストがムダになる
  • ■将来のリーダー、管理職が不足
  • ■事業規模を拡大できない
  • ■サービスレベル・生産性低下
  • ■社内全体の士気が低下
  • ■残ったスタッフの負担増・・・
スタッフ離職による考えられる主なコストなど
  • 空位による機会損失
  • 残留スタッフの負担増
  • 周辺社員の連鎖的離職
  • 後任者雇用の現場採用負担増
  • 後任採用難での給与上積み
  • 退職者に今までかけた人件費
  • 新規採用者の仕事の支援
  • 導入研修・資格取得費用
  • 現場でのOJT教育費用
  • 採用活動の直接的費用

仮に退職率を6%減の10%にした場合、損失額は7千万円となり、年間4千万円の経費削減+αの効果!

⇒上記は常勤介護職員のみの想定。連動して、
非常勤職員の定着率もアップすると仮定できるため、更に効果額が期待できる

定着率・組織力向上の意義

定着率アップの効果は、企業様の業績向上、事業発展につながる大きなメリットを生み出します!

採用率改善

自社HPや会社説明会で定着率・組織力
アップの取り組みをPRし、採用数増!!

事業成長

経験豊富なスタッフ増、強い組織により
施設数拡大が可能!!

CSアップ

常に施設内に活気があり、
利用者様の満足度向上と新規入居者様増!!

リスク低減

1人にかかる負担軽減で、
スタッフのメンタルダウンや施設内トラブル防止!!

定着率・組織力向上の意義

今までのマネジメント

  • •大量採用
  • •業務効率や人件費 コントロール
人事を取り巻く 変化
  • • 労働力人口減少=採用難
  • • 社員のモラル・モチベーショ ン低下
  • • 生産性の低下
  • • 若年層の早期退職
  • • メンタルヘルス問題
  • •(介護分野)高齢化の急速な 進行による施設増

row

これからの 人事マネジメント

定着率・組織力アップのマネジメントが重要

row

キーワードは…
• モチベーション • リテンション(離職防止)
「M&R」Motivation&Retention

企業における「人」「組織」の課題解決を行い、モチベーションとリテンションを高める

  • 資料請求・企業診断・個別面談
  • 施策コンサルティング一覧